Entry: main  << >>
ナイキ犬


こんにちわ。YASHIROCKSです。

お仕事をお手伝いさせていただいているアパレルショップで「ナイキ犬」が展示されていた。

何でも聞いてみればVINTI ANDREWSというファッションデザイナーのアートワークのひとつなのだと言う。ミドルスクールなナイキのスニーカーや古着をカスタムしたウェアやバッグか人気のブランドなのだと言う。

僕らの世代を例えるならば「ナイキ世代」と言っても過言ではない。

ナイキのTシャツ、ナイキのスニーカー、ナイキのウィンドブレーカーなどのファッションアイテムはもちろんのこと、ナイキ工場から出荷されるガムテープすら、その新旧を問わずコレクションの対象になっていた。

当時数多くあったストリート系雑誌に登場するカリスマたちは

「ナイキがあれば、あとは何もいらない」

「ナイキは僕の生活にクリエイティビティーを与えてくれる」

「火事になったら真っ先にナイキを持っていきますね」

と鼻息荒げながら、うすら寒いセリフを吐いていたものだ。その波にしっかりテイクオフした僕もまた、
ナイキがらみの恥ずかしいセリフ集の著者といえるのだが、ここでは割愛させていただく。


ただこうして、新しい世代のデザイナーが新しい解釈で「ナイキをアートしていく」という事に心から感心し、ナイキというブランドのパワーと魅力を再認識した。

犬もナイキも大好きな僕だが、気鋭のデザイナーによってそれらが合体しても、回帰的な意味でしか捕らえられのは、古い世代だからか?それともファッションの世界の人間ではないからか?


ふと下駄箱の奥に10数年放置されている「本物AIR MAX黄色」を取り出してみたら、ソウルのゴムが経年劣化により腐食して剥がれてしまっていた。


これで「オヤジ狩り」と「AIRMAX狩り」を同時にヤラれる心配がなくなった。

YASHIROCKS

 

 フレンチブルドッグ専門「ZAIHOO」

フレンチブルドッグ専門【ZAIHOO】


| | 23:03 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:03 | - | - |
Comment
こんにちは!
BUHI「通じあうために」号表紙モデル、サブのママです。
我が家のアイドル、サブが今回のテーマにぴったりだということで選ばれ、見事に表紙を飾り、本当に家族みんなで喜びました♪
家族の宝物で、いつも癒されています。
食いしん坊でブサカワですが、これからも家族の一員として、たくさんの思い出をつくっていきたいと思います!!
ZAIHOOのHPは、毎日のように見ています♪♪
Posted by: サブ|at: 2009/08/05 9:46 PM
サブママさん

コメントありがとうございます!サブちゃんは本当にアイドルですね。ZAIHOOも「素敵なフレンチライフ」のお役に立てるように、がんばります!
Posted by: YASHIROCKS|at: 2009/08/09 11:45 PM